*

建設技術フェア2018in中部

公開日: : 最終更新日:2018/10/22 投稿者:名川大貴 ECO側溝, SE側溝, スリット側溝, スリット可変 横断, フレキシブル側溝, 可変側溝, 展示会情報

こんにちは、側溝アドバイザーの名川です。

今年も参加させていただきました!建設技術フェア!

まずは、当ブースへ来ていただきました皆様、ありがとうございました!

 

先日の酒井さんのブログにもあったように、フジプレコンは今年で8回目の参加になります。

こちらが先日の酒井さんのブログになります。

2018建設技術フェアin中部に参加させて頂きます。

今年は少々展示の仕方を変えてご紹介させていただきました。

IMG_2455

こちらがカーブ用フレキシブル側溝です。

IMG_2445

端部が円弧状になっていて、カットを一切せずに最小3Rまで自由な角度で曲げられます。

カーブに最適で、道路の線形に合わせてカットなしで施工できる側溝です。

交差点やラウンドアバウト、ロータリー、インターチェンジなどの連続したカーブでご使用いただけます。

施工が格段になるのでご来場いただいた皆様にも大変ご好評いただきました。

 

次にSE-Ki側溝です。

IMG_2464

SE-Ki側溝は全てプレキャストの自由勾配側溝で、従来、現場打ちで勾配を調整していたインバート部分をプレキャスト化しています。

プレキャスト化したインバートと門型の自由勾配側溝本体は工場で一体化しています。

一体化されているので、現場での施工は本体を据えるだけで、インバート打設作業がないため、工期短縮が可能です。

今回は内部の様子が見えるように2mのプレキャストインバートに1mの本体をかぶせて展示しました!

 

フジプレコンのSE側溝シリーズは同サイズなら、カーブ用、自由勾配用、標準タイプと全て天端幅が同じになります。

今回はご紹介した2つの側溝を直接接続していました。

IMG_2465

当然、天端幅、管底はぴったりと合うようになっております。

直線部分から曲線部分、逆勾配と全て天端は同一形状でいけます!

 

ご来場いただいた皆様にいろいろな意見もいただくことができましたので、収穫の多い展示会だったように思えます。

 

来年もバージョンアップしたフジプレコンを皆様にお見せできるよう今から張り切っていきます!!!

また来年も宜しくお願い致します。

The following two tabs change content below.
名川大貴

名川大貴

側溝アドバイザーフジプレコン株式会社
平成27年4月入社の新人、名川大貴です。出身は愛知県で、もちろん中日ドラゴンズファンです。一人でも多くのお客様とお会いして、お客様のご要望、ご質問を解決しながら成長していけたらと、思っています。側溝でお困りの現場がありましたら是非お声かけください。早く一人前の側溝アドバイザーとしてお客様のお役に立てるよう勉強致します。よろしくお願いします。
名川大貴

最新記事 by 名川大貴 (全て見る)

ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

SE側溝現場紹介!!地元湖西市編

こんにちは、豊橋営業本部の池田です。 冷え性の私には、とーってもつらい冬が本格的にやってきまし

記事を読む

側溝に雑草が生えてしまい清掃でお困りの皆様へ

こんにちは、側溝アドバイザーの北澤です。   街中で雑草が生えている側溝を見た

記事を読む

今年度、施工した現場のご紹介

今日はフジプレコン・側溝アドバイザーの酒井です。 この数カ月は早く暖かく、なかなか寒い・体調に

記事を読む

image02

浸透製品 雨水浸透桝(ECO浸透桝)のご紹介

こんにちは、豊橋工場の岸川です。 梅雨の季節、台風の季節の大雨にならないと、なかなか気にならな

記事を読む

IMG_0543

可変側溝でお困りの皆様へ

こんにちは、側溝アドバイザーの名川です。 最近急に寒くなってきましたね~。うちはまだコタツもヒ

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

自慢のユニ(^^)

なんか、紅葉もゆっくり見ないまま、北海道や東北北部では、猛吹雪になって

2019の現場紹介です

今日は側溝アドバイザーの酒井です。 本日は側溝アドバイザーらしく

64213E83-19AA-4A80-9201-45C6EE3298A0
アナと雪の女王な話、、、。

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。 今回は、親バカ

オススメの漫画その②

こんにちは、豊橋営業所の河合です。 以前、このブログでオススメの

image48
ふるさとの味☆石巻

皆さんこんにちは、東京営業所の阿部です!!! 令和元年も残すとこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑