*

新春マラソンからスタート!

公開日: : 最終更新日:2020/01/09 投稿者:臼井淳 フジプレコンスタッフの日常

あけましておめでとうございます。

今年もいろんなことにチャレンジしていこうと決意してます。そして多くの出会いを求めて日々動き廻りますのでよろしくお願いします。

はい、臼井です。

年末年始はお休みが長かったですね。皆さんは何処に行ったでしょうか?僕は親父のいる鎌倉や受験生がいるので合格祈願に大宮の氷川神社などに行って来ました。

氷川神社

氷川神社

今年の干支は鼠です。はい実は年男っす、あ、関係ないか。

とても天気が良かったのでとても混雑していましたが、息子と行けてよかったです。これで合格間違いなしですね。

今年も新春マラソンしちゃいました。

昨年のお正月に初めてマラソン大会にエントリーしました。3ヶ月前から10kmを走るようになり、いつかフルマラソンに出るかな?なんて思い立って、まずは半分をと思ってハーフマラソンにエントリーしました。

そして今年も

スタート前で緊張してます

スタート前で緊張してます

北区赤羽マラソンにエントリーしました。もちろん前回と同じハーフです。なんで正月からなのか、翌日は仕事始め、前回は足の疲労骨折気味で年始の挨拶廻りが痛くて歩けなかったのに….僕にもよくわかりません、でも楽しいからだろうな。

何事もマイペースで

今回は前回以上のタイムで走ることを目標としました。12月から毎週10km以上走ってスピード強化をしてきたからね。

そしてスタート、いつもの感じで走り始めたつもりだった。いつもと違うのは一緒に走る人がいるということ、邪魔にならないように前の人について行けばいいか、このペースならいつもと同じぐらいか?そんな感じで走ってたらなかなか息が安定しないからおかしいなぁ〜ってところで1km地点….

最初の3km

最初の3km

タイムを聞いてびっくり、これは練習でも出たことのない4分/km台。これじゃ息がきつい、バテると思いペースを落としたつもりだったが結局3kmまではこのまま行ってしまった。

もちろんこのまま最後まで行くことはなく5km過ぎからはいつものペースに戻れました。

いつものペース

いつものペース

やっていることは同じ、いつもと違う環境でも同じことができないと駄目だね。もっといろんなことを練習しないといけないと感じ、また新しい目標をつくることにしました。

どんな時でも自分らしくいけるように今年も楽しんでいきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
臼井淳

臼井淳

ケーブル収納アドバイザーフジプレコン株式会社
現場に行かなければ何もわからないと思い、お客様に会ったり、ヘルメットをかぶり実際に施工したり、毎日がこんな感じだっらとっても楽しいなぁーなんて考えながら毎日を過ごしています。日々の時事等いろんな話をしながら皆様と関係を持っていきたいです。
臼井淳

最新記事 by 臼井淳 (全て見る)

ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

おすすめのお店(料理)

こんにちは、フジプレコンの鈴木僚です。  出掛けたりした時に、初めて行くお店や地域ならではのご

記事を読む

自宅にある電話は・・・

こんにちは!本社工場の山下智です。 初ブログなので、慣れないながらも自分なりに作成して

記事を読む

IMG_20200112_145256

地図マニアの聖地“佐原”へGO!

年間200日以上をホテルで宿泊するフジプレコンの“流浪人”田中です! よくお客様に聞かれること

記事を読む

IMG_9135

今年も挑戦 番付そば!

3月も今日で終了…。 みなさん、大相撲春場所みましたか?ご存知だと思いますが稀勢の里が奇跡の逆

記事を読む

1FullSizeRender

プチ贅沢♡

みなさん こんにちは♪ フジプレコン西日本営業所の田中です。1月上旬は新年の挨拶が恒例となって

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

IMG_20200514_230327
おうちごはんでお店を支援!

こんにちは!気持ちをちょっとだけ解除した西日本営業所の田中です。

バレー
ホームステイも楽しかった

緊急事態宣言が解除されましたね ステイホームでストレスがある人たちが徐

SE側溝についてお話します。[初級編]

こんにちは、側溝アドバイザーの名川です。 全国で緊急事態宣言の解

空
ちょっと張り切って!!!

みなさーーーん! お身体の具合、体調はいかがですかーーー?

側溝から大雨と冠水を考えるその②

こんにちはフジプレコンの酒井です。 先日、台風の一号が発生し温帯

→もっと見る

PAGE TOP ↑