*

エフェクターのお話

公開日: : 最終更新日:2023/10/05 投稿者:河野涼平 フジプレコンスタッフの日常, 未分類

フジプレコンスタッフブログをご覧いただいてる皆さん、こんにちは。

東京営業所の河野です。

 

以前にもブログに書いておりますが、趣味でバンド活動をしております。

趣味のお話

 

先日、新しくマルチエフェクターを買ったのでご紹介したいと思います。

 

こちらはMOOERというブランドの「GE250」というエフェクターになります。

 

以前ブログで書いたZOOMのG5nというマルチエフェクターからの乗り換えとなるのですが、やはり電子機器は新しい方が良いですね!

まず何といっても音が良いです。

以前のG5nも自分のレベル的には満足のいく音ですが、やはりこちらの方が良いです。

 

そして今回買い替えでこちらの機種を選んだ最大の理由は、軽い!

G5nが3.4㎏、こちらのGE250は1.7㎏と半分の重さ!

ギターを背負い荷物を持って電車に乗るのはなかなか大変ですが、多少マシになりました。

 

さらに買い替えの大きな理由の一つが、豊富なアウトの種類。

G5nは通常のアウトとステレオアウトのみでしたが、GE250はセンドリターンがついてる上にMXRアウトがついているのです!

センドリターン端子は何か気に入っているコンパクトエフェクターなどがある場合そこから接続することが出来るようになります。

 

そして、XLRアウトがあればギターアンプからのみならずPA直という方法で音を出すことが出来ます。

PA直とは、通常ギター→マルチエフェクター→ギターアンプの順に接続してギターアンプから音を出すのですが、マルチエフェクターからPAシステムに繋ぐことでギターアンプを通さずに音を出すことが出来るようになります!

ギターアンプは色々なブランドからいろいろな種類が出ており、ライブハウスによって置いてるアンプが違います。

そして、アンプによって出てくる音が違う為、マルチエフェクターのようにアンプシミュレートを搭載している場合はギアーアンプの特性が邪魔になってしまうことがあるのです。

 

ですので、マルチエフェクターに搭載されたアンプシミュレートとキャビネットシュミュレートで音を作り上げ、PA直で音を出せば、どのライブハウスでもほぼ同じ音が出せるということなんです。

ただ、ライブハウスの音響さんによってはPA直とギターアンプの両方から音を出してほしいという人もいるので、XLRからPA直・通常のアウトからギターアンプと2種類のアウトを備えたGE250ならどこでも対応ができるのです。

 

ハードウェア面での利点は上記の通りですが、ソフトウェア面での利点はなんといっても「トーンキャプチャー」という機能がついていること!

この機能は、上にも述べた通りギターアンプはブランドや機種によって音が異なっており、その音を模したアンプシミュレートというのが今のマルチエフェクターにはだいたい搭載されているのですが、トーンキャプチャーは本物のギターアンプの音をキャプチャーし取り込むことが出来るのです!

これによってマルチエフェクターに入っている音に加え、新しいギターアンプが出たらその音をキャプチャーすることで常に最新の音にアップデートできるということですね。

 

本当にひと昔前では考えられないような技術の進歩で、自分の技術が全く追いついてないので練習しなければ……!

(Visited 51 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
河野涼平
2019年3月フジプレコン入社。東京営業所所属ですが実は大阪生まれ北摂育ち。野球(オリックス)とプロレス(新日本)と音楽(ミーハー)LOVE。志は天高く、流した汗を力に変える為に日々熱意をぶつけています。お困りなことがあれば何でもご相談ください。
ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

将棋の町 加古川市!!!

こんにちは。ケーブル収納アドバイザーの辻田雄伍です。 私は今年の5月にフジプレコンに入社させて

記事を読む

もっくる新城のご紹介

豊橋工場の濱野です。 今年の夏は湿度が高く、いつもの夏より過ごしにくくありませんでしたか?

記事を読む

お弁当\(^o^)/

今日は側溝アドバイザーの酒井です。 春ですねー愛知はまだこれから桜が咲いていく感じです。

記事を読む

散歩コース、土木遺産『久地円筒分水』のご紹介!

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。 今回は、近所の「久地円筒分水」をご紹介します

記事を読む

第66回大阪杯予想

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。 Jリーグに引き続き、プロ野球も開幕、ご贔屓チ

記事を読む

ブログの読者になる

PAGE TOP ↑