*

2018-2019 UEFA チャンピオンズリーグ展望②

公開日: : 最終更新日:2018/10/17 投稿者:藤井雄太郎 お知らせ, フジプレコンスタッフの日常, 未分類, 豆知識

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。

ヨーロッパサッカー、各国ともリーグ戦が熱く展開されておりますが、前回に引き続き、先月いよいよ開幕した、2018-2019 UEFA チャンピオンズリーグについて、その第2弾です。

20161214193517

今回は、グループD〜Hまでを見ていきます。

資料として、今回も、大好きなサッカー雑誌、ワールドサッカーダイジェストの記事と、

Yahoo!のスポーツ・ナビの試合結果を使用します。

グループE

 

scan-13-1

 

49C6645A-C66B-420A-B51D-CB979CA56A36

 

ここは、まずはバイエルン・ミュンヘンに触れないわけにはいきません。ブンデスリーガでは、7連覇に若干黄色信号点滅中、7節終了時点で既に2敗、無敵を誇ってきたここ6シーズンとは、少し雰囲気が違います。チャンピオンズリーグでも、開幕節のベンフィカには勝利しましたが、ホームでアヤックスに引き分け、なんとなく波にのれてません。長年一緒にやってきたメンバーも高齢化、主力を送り出したワールドカップでのドイツの負けっぷりからも、ちょっと心配な立ち上がりです。もう、リベリ(フランス)にロッペン(オランダ)にレバンドフスキ(ポーランド)も見飽きたかな、結局ビッグイヤーは獲れてないメンバーですし。

アヤックスは常に不気味な存在、出戻りのフンテラール(オランダ)にブリント(オランダ)は心強いベテラン、若手も充実してきてます。オランダ代表もピリッとしてきたようですし、ちょっと楽しみなチームです。

ベンフィカも危険なチームですが、いまのメンバーはちょっと勉強不足、バイエルンとアヤックスには、どうでしょうか。

AEKアテネは、全く情報不足、ただ、このところ、代表戦でもギリシャは結果が出ていないですし、開幕から2節終了で2敗では、ちょい厳しいかな、そんな気持ちです。

 

グループF

 

scan-13-2

 

A4CE2C66-A01C-47F8-B6D3-5684D0E91018

 

ここはまずマンチェスター・シティですね。ホームでリヨンに敗れた開幕節は、ビックリしました。こちらは、バイエルンと違い、今がピークな同じ顔集団、レスターからマハレズ(アルジェリア)が加わったぐらい、巻き返してくると思います。現に、アウェーでホッフェンハイムに勝利した第2節は良い感じです。プレミアリーグでも、第8節終了で、チェルシーとリヴァプールと並び無敗、デ・ブライネ(ベルギー)の怪我離脱が心配です。

リヨンは、アウェイでシティに勝利したアドバンテージを活かせるか、フランスの若い世代の代表がズラリ、若いチームなだけに、そこがポイントです。個人的には、マンチェスター・Uでイマイチだったオランダのデパイに注目です。

ホッフェンハイムは、監が31歳と若いという印象が強過ぎて、選手があまり頭に入ってきませんが、ブンデスリーガ第7節終了時点で既に4敗、チャンピオンズリーグと両天秤するにはチーム力がちと薄いかな?そんな印象です。

シャフタールは、ほぼウクライナ代表、そこに若いブラジル人プレーヤーが生き生き活躍し、次なるステップを夢見るという図式は今も同じようです。2分けスタートは、なんとも不気味、要注意チームです。

 

グループG

 

scan-13-3

 

 

781DFA63-99F9-473D-B461-542B262B7F49

 

やはりまずは4連覇を目指すレアル・マドリードから。開幕当初こそアセンシオン(スペイン)の活躍もあり、やはり強いかと思いたましたな、ここにきてリーガでも失速ぎみ 、先日はアウェイとは言え格下のCSKAモスクワに負けを喫してしまい、やはり、ジダンが監督を退き、クリスティアーノ・ロナウドが抜けた穴は、大きいのかな?そんな気がしてなりません。気性の荒いセルヒオ・ラモスを止めるカリスマが居ないのではないか?チーム内のバランスも気になり、4連覇には黄色信号かとおもいます。

ASローマは逆に復調傾向、移籍選手が馴染んできた感が嬉しいです。パリSGから移籍のパストーレ(アルゼンチン)は、今までローマに居なかったタイプのパサー、セビージャから移籍のエヌゾンジ(フランス)は、今までデ・ロッシ頼みだったアンカーにもってこい、W杯ではカンテの影に隠れましたが、ボール奪取能力は高い選手です。新戦力がフィットしつつあるローマ、楽しみです。

CSKAモスクワは、ほぼロシア代表、W杯の結果が自信に繋がるようなら楽しみ、ベガルタ仙台から移籍した西村拓真には期待しちゃいます。

ブルゼンは、ほぼチェコ代表、こちらはW杯を逃した国、レベルが落ちるのは、否めません。既に7失点、厳しいかな。

 

グループH

 

scan-13-4

 

D91320DD-68E4-4E82-BD51-464B7F49CF2A

 

ここは、今シーズンもセリエAで好調持続のユベントスから。2節終了で失点0は素晴らしい。先程のレアル・マドリードで触れたクリスティアーノ・ロナウドの加入も話題性たっぷり。ボヌッチの復帰も効いてますね。

そう言う意味では、マンチェスター・ユナイテッドだってタレント揃い。モウリーニョと選手の不仲が伝えられ、プレミアリーグでは崩壊寸前なチーム状況かなと感じています。チームカラーもモウリーニョ向きじゃないような、やりたいサッカーと獲得する選手とがマッチしてないここ3シーズンぐらい。赤悪魔はつよくなきゃ、そんな気持ちです。

バレンシアは、昨シーズンのリーガで古豪復活を思わせる躍進、だけど、今シーズンは8試合で1勝6敗1分け、いまいちピリッとしない状況です。なんとなく、なんとなかくですよ、補強失敗かと考えてしまいます。

ヤングボーイズは、正直、よくわかりませ。すみません。

まとめ

メガクラブを、渋いクラブが倒す、判官贔屓なサッカーオタクにはたまらないシチュエーション、それが普通に有るのがたまらない。だからサッカーは面白い、皆さんも是非みてみて下さい。DAZNで試合が観れるみたいなのも有り難いニュースです。皆さまも、チャンピオンズリーグ、楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
藤井雄太郎

藤井雄太郎

ケーブル収納アドバイザーフジプレコン株式会社
建材メーカーと建材商社を経てフジプレコンへ入社しました。自称1級やさしさライセンスと自称1級提案型営業ライセンスを取得し、現場お役立ち情報をお届けに皆様の街をご訪問しています。気軽にお声掛け下さい。
ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

パラリンピックとフジプレコンの製品と安心・安全

今日はフジプレコンの酒井です。 秋雨前線とまだまだ台風が多く発生しているので気をつけて下さいね

記事を読む

氷持ち

僕なりの発見です

梅雨っぽくなって 湿度...高---------って感じてますか?? いよいよ来ますね 夏 &

記事を読む

四日市のオススメグルメ

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの鈴木です(^^)   最近はだいぶ日中は

記事を読む

週末はこんな感じです(^^)

MaryChristmas\(^o^)/ フジプレコンの板垣です。 といっても、Chri

記事を読む

こんなところにもSE側溝は使われています^^

こんにちは。側溝アドバイザーの鈴木結城です。 寒さが際立つ季節に突入しましたね。 &nb

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

秋といえば???

こんにちは!ケーブル収納アドバイザーの鈴木僚です。 11月に入り

現場紹介!!

こんにちは、側溝アドバイザーの名川です。 今年も残り一ヵ月半ちょ

image
日本一ならず。。。

朝晩は、すっかり寒くなって上着が手放せなくなりましたね~~~!!

生コンを使わない自由勾配側溝

今日はフジプレコン側溝アドバイザーの酒井です。 秋が深まりあと少

5077DCB9-0992-4DB6-804B-382DDBF42FF4
ジーフー的SNS活用術

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。 今日は、最近購

→もっと見る

PAGE TOP ↑