*

「 ケーブルトラフ 」 一覧

凍結の季節、凍結防止剤(塩害等)でコンクリートは大丈夫!?

こんにちは、豊橋工場の岸川です。 先日誕生日を迎え、45歳になりました、冬生まれなのですが、 メッポウ寒さに弱いんです(笑) それはさておき、これからの時期、気温がぐっと下がり、道路

続きを見る

雨の日にコンクリートの表面で、ツルッと!しないんです。滑り止め加工があります!「ファインステップ」

こんにちは。 豊橋工場の岸川です。 雨の日に、道路や歩道のコンクリート部分を歩かれていて、ツルッと、ひやっと!したことありますよね。 ご存知のとおり、キレイで平らな表面に水がつく(溜

続きを見る

コンクリートの廃材って産業廃棄物?リサイクルはできるの?

こんにちは。 豊橋工場の岸川です。 コンクリート構造物、ビルなどの建物、ダム・橋脚などの大型建造物、側溝やトラフ(弊社商品)も、寿命があります。 一般的には50年から100年とも言わ

続きを見る

コンクリートって、燃える?燃えない?

こんにちは。 豊橋工場の岸川です。 突然ですが、コンクリートって、燃えるのか?燃えないのか?ご存知でしたでしょうか? コンクリートって、そもそも何で出来てる? どういう物質なの

続きを見る

黄色い蓋

こんにちは現場訪問継続中の臼井です 私の仕事は現場に訪問して皆様のお悩みを解決することです もちろん出来ないこともありますが、 出来る限りの満足をしていただけるように日々、現場訪問し

続きを見る

ケーブルトラフに求められるものは?

2015/01/26 | ケーブルトラフ

こんにちは、松林です。 フジプレコンのメイン製品といえば鉄道資材のケーブルトラフと道路製品のSE側溝です。今回は鉄道資材のケーブルトラフについて少しお話してみようと思います。 そもそも「ケーブ

続きを見る

ホーム専用のトラフは…あります!

世間で議論を呼んだSTAP細胞の存在、 そして小保方さんのあの一言…「STAP細胞はあります!」 忘れかけてた方もいらっしゃるでしょう、6月の出来事でした。 あの時STAP細胞という

続きを見る

JRCケーブルトラフの設置現場紹介(仙台駅構内編)

ケーブル収納アドバイザーの板垣です。 今日は、仙台駅の構内にあるJ200HとJLBJ200H用のご紹介です。 仙台駅の在来線2番ホームの一番盛岡より、対面側の金網沿いに約15mほど

続きを見る

ケーブルトラフ嵩上げシステムでケーブルが今までの倍収納できる

こんにちは、フジプレコンの田中です!   ケーブルは年月の経過と共に増えていく傾向にあります。 そしていつの日か、トラフの容量を超えてしまうことがあります。 そんな時、みなさんはどの

続きを見る

ブログの読者になる

ブログの読者になる

アンダーパスには浸透側溝で冠水対策の提案です。

今日は側溝アドバイザーの酒井です。全国各地で梅雨と雨の心配の時期になっ

鉄道技術展・大阪2022に出展します!今回の目玉は、軽量ハンドホールです!

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。 鉄道技術展・大

BEST OF THE SUPER Jr.29展望

フジプレコンスタッフBLOGをご覧の皆様こんにちは! 東京営業所

姫路セントラルパークへ行ってきました。

こんにちは。設計の吉田です。 今回は、「姫路セントラルパーク」へ

東へ(静岡)

こんにちは、本社工場の山下です(^^)/ 3年ぶりの行動制限のな

→もっと見る

PAGE TOP ↑