*

ご近所の側溝の蓋の騒音で困った時の対処策をご存知ですか?

公開日: : 投稿者:松林克法 道路製品

こんにちは、松林です。

僕たちは、皆さんの市民生活が快適で安心できるように道路の側溝に関するアドバイスをさせていただいております。みなさんのご近所で車が道路のわきにある側溝の蓋の上走っていく時に蓋がガタガタと音を立てている騒音を耳にしたことはありませんか?あれって、かなりうるさくて耳障りなものですよね。

 

こんな感じ、、、

http://

 

あれっていやですよね。

・夜の安眠妨害

・お昼寝の邪魔

・赤ちゃんがせっかく寝付いたのにガタガタと音を立てたことで起きてしまった、、、

なんてことありませんか?

 

問題発生!

 

でも、それは仕方のないことだとあきらめていませんか?大丈夫です!なんとかする方法を教えちゃいます。

その問題の場所と状況を役所(区・市・町・村)に連絡するんです。例えば、「○○のところを車が走ると側溝の蓋がガタガタ音をたてて困っている」と。簡単にいかないかもしれませんし、早々に対応してもらえないかもしれませんが改善の可能性はあります。

また、地元の自治会(町内会)に困っていることを伝えて自治会として役所に陳情することも有効だと思います。行き先は、役所の道路維持(修繕)課でよいと思います。(各役所によって名称が違いますのでご確認ください)できればその現場の状況がよくわかる画像(写真)とかちょうど車が走って側溝の蓋がガタガタ音をたててる動画なんかも一緒に提出できるといいかもしれませんね。(スマホの動画で十分です)

役所の方にも日々多くの市民の声に対応してくれているのでモノゴトの大小にもよりますが、、、優先順位もあると思いますが、、、お困りごとがちゃんと伝われば、、、きっと市民の声に耳を傾けてくれることでしょう。

そして、

・新しい蓋に取り替えてくれる

・既存の蓋を騒音が出ないように固定してくれる

・新しい蓋で騒音が出ないように固定してくれる

・新しい側溝に本体・蓋ともに取り替えてくれる

・新しい蓋のない側溝に取り替えてくれる 

などのような何らかの対処をきっとしてくれることと思います。お役所は、国民・県民・市民の味方ですからね。(笑)

 

これで問題解決!

 

個人的には、最後の新しい蓋のない側溝に取り替えることが一番の解決策であり二度と騒音が発生することなく安心安全な道路に貢献できると思いますけどね。だって蓋がないんだからガタガタ音がしないでしょ。

 

 

image001

(Visited 739 times, 122 visits today)
The following two tabs change content below.
松林克法
コンクリートメーカーであるフジプレコン株式会社の常務取締役。造っているものは、とても硬いものばかりですが僕自身はかなりゆるゆるです。製品開発における考案時の創造する過程がたまらなく好きで、なによりも喜んでいただけるお客様の笑顔を想像し追求して何でも取り組んでいきたいと思ってます。
ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

生コンを使わない自由勾配側溝

今日はフジプレコン側溝アドバイザーの酒井です。 秋が深まりあと少しで冬ですね。冬支度は皆様大丈

記事を読む

おすすめ! 厳選サービスエリア

こんにちは。 側溝アドバイザーの鈴木結城です。 最近私は各市にあるサービスエリアでの「ス

記事を読む

SE側溝の現場ご紹介します!

こんにちは、側溝アドバイザーの名川です。 ついに今週には待ちに待った健康診断がやって参りました

記事を読む

大雨・浸水・冠水対策にECO側溝!安心安全に使える雨水貯留浸透側溝(スリット側溝)の便利な使い方。

こんにちは。側溝アドバイザーの岸川です。 今回は、雨水貯留浸透側溝(ECO側溝)のちょっと変わ

記事を読む

もうそろそろ5月ですね

こんにちは!ケーブル収納アドバイザーの鈴木僚です。 段々暖かくなってきました(^^)/そろそろ

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

家庭用雨水浸透ますを知っていますか?

みなさんのご家庭には雨水浸透ますは設置されていますか? &nbs

防草マット

桜前線が北海道に移り、もう今頃は最北端の稚内市でも、満開になってるころ

硬いイメージのコンクリートの側溝が曲がりま~す

こんにちはフジプレコンの酒井です。毎日楽しくお仕事やってますか~自分は

音楽を聴こう

フジプレコンスタッフBLOGをご覧頂いてる皆様、こんにちは! 東

文鳥飼い始めました!

こんにちは、豊橋工場の松久です。 5月に入りだいぶ過ごしやすい気

→もっと見る

PAGE TOP ↑