*

コンクリート製品の接続やズレ止め方法はどうなっているの?あの「PJ」!!の紹介

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 投稿者:岸川宏幸 ECO側溝, SE側溝, スリット側溝, 道路製品

こんにちは、豊橋工場の岸川です。

コンクリートの製品は、小さいモノから大きなモノまで、

いろいろなカタチがありますが、

1つ単体で使うモノって意外と少ない、、、です。

いくつもの同じカタチをつなげて、並べて使うのに、

いったいどうやって、接続したり、ズレるのを止めているか。

例えば、道路でよく見る「乗り上げ防止ブロック」(歩車道境界ブロック)

MVC-241S

繋がる端部は、平らな面になっているだけなので、

モルタル(セメント、砂、水)で目地詰めしてあるだけです。

次に、歩道で見かける平板ブロック(インターロッキングブロック)

ilb_img02

こちらは、ブロックどうしが当たる面に突起や凸凹などが付けてあり、

その抵抗で、ズレなどを防止しています。

(すき間には固まる砂、が詰められています)

道路用の側溝

MVC-250S

JISで規定された側溝(落ち蓋式U形側溝)で、

接続する端面にモルタル用の目地溝が付けてあり、

寄せて据え付けした後、モルタル目地詰め作業を行います。

と、まあ、例を上げればきりがないのですが、

今日ご紹介したいのは、これ

【PJ】(某下着メーカーさん!?ではありません)

パーフェクトジョイント工法(Perfect Joint)と言います。

これは、側溝類、弊社販売のSE側溝、ECO側溝、

都市型側溝などの接続方法に使っています。

何がパーフェクトかって?

①    寄せるのが簡単

側溝の両脇に特殊なインサートが埋め込んであり、

そこを支点に、スキー靴と板をくっ付ける要領で、

引き寄せつつ、接続用プレートがハマってしまう、という優れもの。

(言葉で説明は難しい~)(説明書見てね)

PJ.PH作業手順書-1

②    ボルトなのに回しません。叩いて完成

位置が決まったプレートと、それを閉め込むボルトは、

回さなくて、叩いて押し込んでOKです。

③    止水がパーフェクト

前後しますが、接続前に専用パッキンを製品の端面に貼るだけ。

あとは、①②で出来上がり。

面倒なモルタル目地詰めはありませんので、

施工スピードが圧倒的に早いんです。

2014-11-05 14.31.05

はい!施工時間も短く、綺麗に簡単!PJ工法のSE側溝、都市型側溝をよろしくお願いします。

(Visited 227 times, 10 visits today)
The following two tabs change content below.
岸川宏幸

岸川宏幸

工場長&側溝アドバイザーフジプレコン株式会社
品質管理から営業へ。そして製造部に帰ってきました。製品は品質がよくきれいなモノであれば売れると思っていました。でも実際は、キレイであることは当然のことですが、現場に応じた必要なモノを提供しなければならないことがわかりました。コンクリート全般のご相談も喜んで承ります。
ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

暑い夏はライブで側溝はいかがでしょう

今日はフジプレコンの酒井です。 8月も終わりに近づいていますが、まだまだ暑いので体調管理は気を

記事を読む

フジプレコンのスリット側溝

こんにちは、豊橋営業本部の池田です。 つい先日お正月を迎えたかと思えばもう2月!!春が待ち遠し

記事を読む

「半分従い、半分逆らう」 我が母校の銅像に改めて想うこと

こんにちは。 フジプレコンの岸川です。製造部に配任して、はや2ヶ月があっと言う間に過ぎました。

記事を読む

スーパーやコンビニでオススメです。箱形スリット側溝(SE側溝)

今日は側溝アドバイザーの酒井です。 春になりましたね。朝はまだ少し寒いですが日中は暖かいですね

記事を読む

お店が多い場所での可変側溝現場ご紹介。

こんにちは側溝アドバイザーの酒井です。 今日は現場のご紹介です。 愛知県の西三河で豊田、

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

第11回レパードS予想

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。

TOKYO2020

皆様こんにちは! TOKYO営業所の河野です。  

豊川稲荷×ヨルモウデに行ってきました!!

こんにちは、豊橋工場試験係の兵動です!! 日々暑い日が続いていま

自分の価値観を覆す経験

本社工場の松林星です。 先日行かせていただいたとある場所が、生き

果実酒作り

豊橋工場の濱野です。 長い梅雨が明けましたね(*^▽^*) 暑い

→もっと見る

PAGE TOP ↑