*

コンクリート製品の劣化について【その1】「寒い冬には凍害に注意」

公開日: : 最終更新日:2018/01/15 投稿者:岸川宏幸 お知らせ, 仕事中, 鉄道資材

新年、戌年、今年もどうぞよろしくお願いします。

私、戌年の年男こと、豊橋工場の岸川です。

今回は、寒い季節真っ只中にコンクリート製品はどうなってるのか?という観点から、劣化シリーズのその1として、「凍害」についてです。

コンクリートの劣化現象として挙げられるのが

・凍害

・塩害

・中性化(に伴う鉄筋の腐食)

・化学的侵食

・その他(構造性能、疲労、摩耗など)

などがあります。

「凍害」

コンクリート製品に対する凍害とは、コンクリート内部に含まれる水分が、凍結と融解を繰り返すことによって起こる劣化現象です。

「凍結融解作用」

コンクリート中の水が凍結し、体積を増やした時に凍結膨張圧が発生し、内部組織に圧力がかかります。氷が溶けて水に戻る時には、脱力して組織に緩みが発生します。この現象の繰り返しにより、コンクリート組織は徐々に痛めつけられ弱っていきます。寒冷地では発生し易い現象と言えますが、凍結しっぱなし、よりは、凍結と融解を繰り返す環境、降雪地帯でも、積もれば凍結、晴れれば溶けて気中になるような環境はかなり厳しい状況と言えます。

この凍結融解作用を繰り返すと、コンクリートの表面に小さなひび割れが発生したり、表面が徐々に剥がれ落ちるスケーリングと呼ばれる現象が見られます。さらに侵行が進むと、鉄筋構造物であれば、鋼材腐食となり、構造物自体が破壊されてしまいます。

2017-05-24 10.44.32

2017-05-24 10.50.28

2017-05-24 10.18.30

「凍害を防ぐために」

コンクリート中には水が、必ず存在します。では、どのように凍害現象を防ぐ?

①AEコンクリートを使う

②密実なコンクリートを使う

③水分の侵入を防止する

などが上げられますが、AEコンクリートとは、AE剤を混入したコンクリートで、微細な空気泡を含ませた構造となり、凍結融解作用に対して、凍結膨張圧のクッションになり、劣化を防止できるコンクリートとなります。密実なコンクリートとは、コンクリートの配合などで組織を細かく作り上げる(例えばセメントなどの粉体量を増して、水量を極端に少なくした配合など)ことで、内部、外部の水の侵入を防ぎ、また内部の水分を極めて少ない状態を維持し、劣化を防止します。コンクリートは、空気も水も出入りする構造体ですが、水分を外から入れないことで、耐凍結融解作用が高められます。コンクリート製品表面に撥水などの塗装を施すことで凍害防止につながります。

このうち、フジプレコンでは、JRCケーブルトラフやT型トラフに使われる配合は、特殊配合により、非常に密実な組織とし、凍結融解作用にも十分な耐性を持っています。

2018-01-05 16.02.09

凍結融解作用に対して、JISでも耐久性を判断するための指標となる試験が規定されています。(JIS A 1148 コンクリートの凍結融解試験方法)

このように、凍結が予想される地域でのコンクリート製品や構造物は、あらかじめ耐候性の高いものを選ぶ必要があります。適切な使用条件によってコンクリートの寿命が長くなることも事実です。

弊社でも高耐久な製品開発を継続して実施し、ライフサイクルの長い製品をこれからも提供していきます!

(Visited 214 times, 6 visits today)
The following two tabs change content below.
岸川宏幸

岸川宏幸

工場長&側溝アドバイザーフジプレコン株式会社
品質管理から営業へ。そして製造部に帰ってきました。製品は品質がよくきれいなモノであれば売れると思っていました。でも実際は、キレイであることは当然のことですが、現場に応じた必要なモノを提供しなければならないことがわかりました。コンクリート全般のご相談も喜んで承ります。
ブログの読者になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

パラリンピックとフジプレコンの製品と安心・安全

今日はフジプレコンの酒井です。 秋雨前線とまだまだ台風が多く発生しているので気をつけて下さいね

記事を読む

秋はお楽しみ会開催です

こんにちは 今日と明日は豊橋工場にいるニックネームはノッポの臼井です 夜が涼しくてとっても寝心

記事を読む

空から日本をみてみよう!Part3

みなさん こんにちは♪ 今年の夏は酷暑になるようで、今から暑さに弱い私はぼちぼち事務所にひきこ

記事を読む

フジプレコンの社内イベント

こんにちは、松林です。 フジプレコンでは、スタッフ同士の親睦と交流を大義名分としてなるべく毎月

記事を読む

残すところ1ヶ月

こんにちは、鉢植えアドバイザーの名川です。   西暦2018年11月30日

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になる

アールブリュット

こんにちは。本社工場の松林星です。 今日紹介したいのはNHK放送

第75回セントライト記念予想

こんにちは、ケーブル収納アドバイザーの藤井です。

シンデレラグレイ

フジプレコンスタッフBLOGをご覧の皆様こんにちは。 東京営業所

健康な体作りのためにコレ飲んでます♪

皆さんこんにちは! 豊橋営業所の伊藤です。 最近は朝晩がと

懐かしい写真

豊橋工場の濱野です。 雨の多い夏がもうすぐ終わりますが皆さん体調

→もっと見る

PAGE TOP ↑